P1040656 (2)

ナスの葉のこの黄色い虫は何を食べてる?

うちが農薬を使わないで作物を育ててるわけを

このキイロテントウムシは語ってくれてます

この虫はナスがかかる病気の菌を食べています

うどんこ病という葉がかびる病気の菌を食べます

よく見かける虫なのですが生態を私も最近知りました

 

畑の中ではこの虫に象徴されるような無数の

食物連鎖がおきています。

そのバランスがよければ野菜は健康に育ちます

それがうまく保たれてる畑が自分の目指す畑です

病害虫はあるけど広がらないという畑が理想

なのですが農薬を使うとそれが難しくなります

 

いってみれば畑の「かたち」にこだわってるわけです

合理的に考えれば農薬はメリットの部分が

デメリットの部分よりも多いだろうし、

リスクよりもベネフィットが上回ってるのでしょう

しかし「かたち」にこだわる場合そんなことは瑣末なことで

必要か必要でないかの選択だけで理由はいりません

合理的に考えることは若者にもできる。という言葉通り

若い時は必死で情報を集め、主張したものでした

 

いまは「このかたち」が好きなんだ、

好きなんだからしょうがない。でおわり。

「このかたち」にするために農薬は必要ない。でおわり

 

自分で言うのもなんですが

うちの野菜たちは健康に育ってると思います

いろんなものに助けられて病害虫を克服してる

元気な野菜と思います

 

畑は毎日が発見

はるかに自分の予想を上回ります。丹精してれば。

「かたち」にこだわってりゃ何か見つかります。自然と

それは情報の渦の中じゃなく

現場の中でひっそりと

見つけられるのを

待ってます

2013.08.17 Sat l はたけ l コメント (4) l top